レザークラフト初心者が始めにそろえるべき最低限の道具

レザークラフトを始めてみようと必要な道具を調べたら、たくさんの道具が必要で、どこまでのものを用意したらいいのやら。

安価にセット販売されているツールを購入しても、長く使えないものばかりでは後悔しそう…

興味があるけど、始めるにあたっての一歩が踏み出せないという方に、届き次第レザークラフトに取り掛かれるよう、初めにそろえるべきレザークラフトの道具をご紹介していきます。

レザークラフト初心者が始めにそろえるべき道具8選

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: GRAT-1-800x420.jpg

別たち(革包丁)

革を裁断するのに使用します。

革包丁が同じ用途の道具になりますが、都度研いで使用するなど初心者には少し手間がかかるだけでなく、鋭くない包丁を使うと革の裁断も上手く行きません。

別たちは、都度刃の交換で常に切れ味のいい状態で裁断が出来ることからおすすめします。

カッターマット

革を裁断する際に敷くマット

種類や、デザインは問いませんが、制作したいものの大きさを考慮してえらびましょう。

菱目打ち

革に縫い穴をあける道具です

二本目と四本目を用意するといいと思います。購入後すぐの研ぎ出しの必要ないものもありますので、そういったものを選んでいただくと、手軽に始められます。

ゴム板

革に菱目打ちで穴をあける際に下に敷きます

菱目打ちの先が、貫通しないように敷くため、ゴム製の板であれば何でも大丈夫です。安定感の観点で厚さは、2㎝程度のものがおすすめです。

ハンマー

菱目打ちを革に打ち付ける際に使います

柄が短めで握りやすいものがおすすめです。樹脂や、木製、ゴム製のものとありますので、好みで選びましょう。

クラフト用針

革を縫い合わせる際に使います

糸を通す穴が広い専用の針をおすすめします。

ろう引き糸

革を縫い合わせる糸です

レザークラフトでは、ろう引きの糸を使います。ご自身でろうを引いても大丈夫ですが、始めはろうが引いてある糸を使うことをおすすめいたします。

はぎれレザー

製品の材料となります

仕上がりに直結するため、色や革質を確かめて調達しましょう。作業に慣れてきたら、こだわりの皮を仕入れて思い思いの革小物を制作しましょう。

まとめ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: GRAT-2-800x420.jpg

この道具が揃うといよいよレザークラフトの制作が出来ます。

裁断、縫いの工程が出来るようになりますので、是非参考にしてください。また、コバの仕上げや裏の仕上げなどその後は製品へのこだわりが出てくると思いますので、その際は用途に合った道具を検討してください。

こだわりの革小物が出来上がれば、手入れをしながら、長い時間愛着のあるアイテムへと変わっていくことと思います。

【革包丁のおすすめ】初心者でも使いこなせる本格派まで

別たちで済ませるのか、革包丁にするのか。

革包丁にするとしたらどれを選んだらいいのかと、初めは悩んでいろいろと調べますよね。早く始めたいけど、裁断が出来ないと始められないし。

本格的に身についてきたときも使えるものにした方がいいのかな。

今も使い続けている革包丁をご紹介することによって、始めて買うべき革包丁がわかるようにご紹介をしていきます。

届いたその日から気持ちよくレザークラフトに専念できるようになりますね。

初心者へおすすめの本格革包丁

クラフト社の革包丁【極上】をおすすめいたします。

革包丁【極上】がおすすめの理由

まず、クラフト社の極上シリーズは、各刃のサイズのラインナップが揃っていることと、定番商品の為、これから道具をそろえていくにあたって、安心して少しずつ増やしていけます。

また、本格的な革包丁の為、切れ味も良く、柄の材質も朴の木でできているため、手のなじみが良く、使い込むほどに味が出てきます。

革製品と同じで、愛着の沸く道具の一つとなるでしょう。

価格も他の本格革包丁に比べると、手ごろなのもおすすめの一つの理由です。

サイズ展開の話にも触れましたが、一番重宝するのは、39mmがいいでしょう。革の裁断、曲線裁断、漉きも直線、曲線、コバ漉き、これ一つで様々な作業がこなせます。

刃も青紙鋼なので切れ味は良いです。

・極上シリーズは、クラフト社の定番であり、サイズ展開も豊富で安心
・刃の素材だけでなく、柄の材質もこだわっているので、手馴染みがいい
・他の本格革包丁に比べ、価格も良心的
・カッターとの併用で、制作物が本格化するまで他のサイズ購入が不要

注意点

注意したいのは、本格革包丁なので、必ず研ぎが必要となります。研ぎを覚えれば、快適に爽快な切れ味を実現してくれるため、是非取り入れてみてください。

初めに私もカッターから入りましたが、今はなくてはならないアイテムとなっています。もちろんシーンによっては、カッターも使っていますので、合わせて検討するといいと思います。

研ぎ石も合わせて検討

革包丁は、研いで使っていく道具なので、研ぎ石の検討も必要ですね。

研ぎ石が平らなのが重要なので、研ぎ石の研ぎ石も必要になってきます…本当に趣味の道具ってキリがないですね。

ストレスなく利用できるようにするための研ぎ石の紹介をしますので、今後また買い足す時が来た際は以下の記事も参考にしてみてくださいね。

研ぎ石のおすすめと仕上げ用コンパウンド

荒砥ぎ→中研ぎ→仕上げと移っていきます。砥石もいろいろ種類がありますが、手軽さを重視してご紹介いたします。

砥石

粗目から中目をカバーできるものがいいです。

両面で番手#1000と#400が使えるため、両面ダイヤモンド研ぎ石をおすすめします。

通常研ぎ石は、水に漬け置いて使用しますが、研ぐ直前に水をかけて研ぎ出しが出来るので、手軽に研ぐことが出来ます。

コンパウンドで仕上げ

コンパウンドも、仕上げに使いますので、ご準備下さい。私はピカールを使っています。

まとめ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: GRAT-5-800x420.jpg

革包丁は、使用する際に「研ぎ」をすることが必要な道具となります。ここでは、できるだけ手軽さを重視して、ご紹介していますが、研ぎ石の種類や、仕上げをどこまでこだわるかによっても必要なものが変わってきます。

初心者で、できるだけ最小の道具で、手軽に始めたい方は、革裁断用のカッターで初めて見ることがいいでしょう。

革包丁については、今後何本か必要になってきますので、他の道具と相談してながら揃えていければいいですね。コストのことも考えると、いいご紹介が出来たと思います。

切れ味のいい革包丁で、より仕上がりに満足できるよう、選んでみて下さい。

菱目打ちのおすすめと選び方【レザークラフト手縫いの必需品】

レザークラフトの手縫いの道具と言えば菱目打ちということで、初めにどんなものを選んでいいのか…

おすすめはわかったけど、自分に合ったものはどれになるのかと、初めて選ぶ方は迷ってしまいますね。いろいろと情報を見てみると、セットの安いものは品質が悪いという評価もあって、ますます迷ってしまいますね。

初心者とは言え、始めたらできるだけきれいに仕上げたい。

そんな心配をお持ちの方にご紹介していきます!

まずはおすすめの菱目打ちから

レザークラフトの菱目打ちのおすすめ3選

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: GRAT-7-800x420.jpg

品質、価格(1000円程度/1本)とのバランスを考えると、クラフト社、SEIWA【誠和】、協進エル、をご紹介したいと思います。

初めに購入する際は、作りたい作品にもよりますが、菱目は二本と四本で選ぶといいでしょう。また、制作していくうちに六本を欲しくなる方も出てくるかと思いますが、始めは十分です。

ピッチは、ブランドによって表記が変わりますが、上品な雰囲気の作品を作りたい方は、細かいピッチ、ワイルドな作品を制作したい方は、幅の広いピッチを選んでくださいね。

それぞれ紹介していきますね。

クラフト社の菱目打ち

クラフト社の菱目打ちは、切れ味のよさ、ピッチの正確さに定評があり、何より穴の仕上がりが美しいと評判です。

サイズの表記が、ピッチではなく刃の幅での表記の為これからご紹介するほかのブランドに2倍の寸法となります。まず初めに、検討していただきたい菱目打ちです。

SEIWA【誠和】プロツールの菱目打ち

プロツールということだけあり、手ごろな価格設定にもかかわらず、切れ味だけでなく抜けの良さもあり、作業スピードも速くなります。

他のレザークラフトの道具と合わせて定評のある誠和の菱目打ちもおすすめです。

協進エルの菱目打ち

切れ味が定評で、穴の開きもきれいにしあげているアイテムです。気持ち割高なところを除いては、他社を凌駕します。

菱目打ちの選び方

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: GRAT-8-800x420.jpg

菱目打ちは、冒頭でもふれたように、刃の幅・形状、ピッチとその精度で作品の仕上がりに大きく影響します。

目数とピッチサイズに注意しながらえらびましょう。

また、各社のサイズ表記に注意して選んでみてくださいね。

菱目打ちの目数

菱目打ちの目数は、始めは2目と4目の二つを選ぶといいでしょう。

2目は、曲線や曲がりの部分に重宝します。また、4目は直線を加工する際に重宝します。少し大きめの作品を作る際は、6目もおすすめしますが、始めは4目までで十分と思います。

菱目打ちのピッチ

ピッチサイズは、作りたい作品のスタイルによって選び方が変わりますが、大まかにエレガント、上品な作品のスタイルには、狭めの2~3mmがおすすめで、ワイルドで大胆な作品のスタイルには、4mm~5mmがおすすめです。

菱目打ち選ぶ際の注意点

菱目打ちは各社サイズ表記が違っています。以下のようなサイズ展開となりますので、ご注意ください。

SEIWA2.5mm【クラフト社、協進エルはこの細さの菱目打ちはありません】
クラフト社 1.5mm=SEIWAと協進エル 3.0mm
クラフト社 2.0mm=SEIWAと協進エル 4.0mm
クラフト社 2.5mm=SEIWAと協進エル 5.0mm
クラフト社 3.0mm=SEIWAと協進エル 6.0mm

菱ギリも合わせて検討

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 白-レトロなフォトグラフィー-Etsyバナー-1-800x200.jpg

菱ギリは、菱目打ちで貫通させず、印をつけていき菱ギリで穴あけをすることでも重宝します。さらにその菱ギリでの加工では、きれいに仕上げることもできるためおすすめの穴あけ加工方法になります。

その分手間はかかりますが、根気がある方にはおすすめです。

最後に

菱目打ちのおすすめは、クラフト社、協進エル、SEIWAをご紹介しました。量産型のセット物のコストを抑えたものより、作品の仕上がりや作業スピードを考慮すると高くない価格となっています。

長く使える品質ともなっているので、是非今後のレザークラフトの作品制作を楽しむための必需品として検討し知恵見てください。